Pacific Rare Specialty Metals & Chemicals, Inc  Logo  
  | English | Français | Español | Chinese | Deutsch | Japanese | Language Support



価値 | 認証


RFQ & Order
  Technology
技術
      RGQ and Order

テルルおよびセレンは、自然状態ではまれな希少物質で、平均で銀より埋蔵量が少なく (順位はそれぞれ 69 位、75 位)、地殻に広範に分散しています。テルルは 1782 年にフランツ・ミュラー・フォン・ライヒェンシュタインにより発見され、1798 年に単離した M. H. クラップロートにより命名されました。セレンは 1817 年にベルゼリウスにより発見されました。テルルおよびセレンが主たる製品として得られる鉱石はありません。 テルルは通常、金や銀、銅、鉛、ビスマス鉱に含まれています。 一般的なテルル鉱としては、テルル化金銀からなるシルバニア鉱があります。セレンは主に銅や鉄の硫化鉱中に含まれ、一般的には黄銅鉱や斑銅鉱、黄鉄鉱中に含まれます。

鉱石からのテルルおよびセレンの抽出は、複数の湿式精錬および高温冶金処理を要する複雑な工程です。 浮遊濃縮物を溶解し、硫黄や鉄、その他の不純物を除去します。 200 トンの銅鉱石を処理すると、通常 1 ポンド (454 グラム) のテルルが得られます。セレンおよびテルルは、通常の銅生産では不純物と見なされており、電気銅精錬で分離されます。電気銅精錬では、不純物を含む銅陰極が電解溶液で溶解し、陽極に高純度銅として再付着します。 テルルおよびセレンを含む不純物は、電解液に溶解するか、または電解セルの底に泥として沈殿します。 その後、さまざまな抽出技術により回収され、さらに精錬され商業用の製品の形態や化合物となります。

   
 
           
II-VI Incorporated Logo
Link to II-VI corporate website
 
法律 | Site Map | Webmaster
 
© 2014 Pacific Rare Specialty Metals & Chemicals Inc