Pacific Rare Specialty Metals & Chemicals, Inc  Logo  
  | English | Français | Español | Chinese | Deutsch | Japanese | Language Support



価値 | 認証


RFQ & Order
  Capabilities
PRM の能力
      RGQ and Order

PRM の研究開発は現在、テルルおよびセレンの分野のパイオニア的技術者であるロバート・J・ヒッションと、金属製造および応用で豊富な経験を有する経験豊富な金属学者であるマット・オズボーン博士の両名が率いています。PRM では最新の技術と独自の技術とを組み合わせて使用し、こうした希少物質の合成および特性評価、大規模生産におけるリーダーとして広く認知されています。

研究開発施設には、最新の装置とツールを備えた、最新の物質特性評価および分析試験所が含まれます。 工場内の分析装置には次のものが含まれます。 原子吸収分光法 (AAS)、誘導結合プラズマ(ICP)、その他のウェット/ドライケミカル機械およびツール。すべての試験および記録、分析は、厳格な品質管理手順に従って行われ、報告データの精度を確実なものとします。PRM は、品質および安全管理プログラムで、それぞれ ISO 9001-2000 および ISO 14001:2004 認証、ならびに業務についてさまざまな政府機関および業界団体からの複数の認証を受けています。

経験豊富な PRM の化学者およびエンジニア、金属学者は、テルル/セレンについての科学の進歩の追求に努めており、業界最高水準の技術サポートと工程/製品開発能力により、顧客のニーズに応えることができます。 この研究所の能力は、II-VI の全社的なグローバル研究開発ネットワークおよび分析施設へのアクセスによりさらに向上します。

PRM および II-VI は、製造および研究、実験施設更新への直近の投資という形で、重要な顧客および市場への揺るぎなき取り組みを実践しています。この投資は 2008 年中に行われ、2009 年も続いています。これにより PRM は、最も微妙かつ技術的に困難な応用での、見識の高い顧客のニーズに応えることができるようになります。


Competencies

  • Acid/Alkaline Pressure Leaching
  • High Temperature Caustic Fusion
  • Solvent Extraction
  • Ion Exchange
  • Metal/Vacuum Distillation
  • Electro-winning
  • Waste-Water Treatment
  • ISO 9001:2008, ISO 14001:2004
  • OHSAS 18001:2007 Compliant & Certified

   
 
           
II-VI Incorporated Logo
Link to II-VI corporate website
 
法律 | Site Map | Webmaster
 
© 2014 Pacific Rare Specialty Metals & Chemicals Inc