Pacific Rare Specialty Metals & Chemicals, Inc  Logo  
  | English | Français | Español | Chinese | Deutsch | Japanese | Language Support



価値 | 認証


RFQ & Order
  Photovoltaics / Applications
太陽光発電 (太陽光エネルギー) での CdTe および CIGS
      RGQ and Order

テルル化カドミウム (CdTe) 太陽光発電

長い準備期間の後、太陽光産業の CdTe 部門がようやく日の目を見ることになりました。 バンドギャップが 1.5 eV の、テルルを含むテルル化カドミウム (CdTe) は、電気への変換で太陽光線中の光子の分布に完璧に適合しています。 PRM は、広範な技術および能力、経験を通じ、この重要な技術をテルルで理想的に実現し、他社をリードしています。
 
PRM のテルルを、世界を代表するソーラーパネルメーカーが CdTe の製造に使用しています。 「ソーラーグレード」の素材は、厳しく管理された環境で最新の製造モジュールにより加工されます。 当社の品質部門のスキルのあるエンジニアが、顧客への出荷前に、製造された素材の各バッチの品質を厳密に監視します。
 
業界を代表する CdTe 太陽光発電パネルメーカーの生産コストは 1 ワット当たり 1 ドルを大きく下回るまでに低下しており、太陽光エネルギーは次世代の手ごろな価格のソリューションとなっています。 PRM は、世界をリードするテルル生産を通じ、グリーンエネルギーの成長に大きく貢献しています。

セレン化ガリウムインジウム銅 (CIGS) 太陽光発電

セレンを含む CIGS は直接遷移素材であり、また非常に強い光吸収特性も有しています。 わずか 1-2 ミクロンの CIGS で、大半の太陽光を吸収できます。 同様の吸収には、はるかに厚い結晶シリコンが必要です。 こうした理想的な光学特性のため、CIGS は CdTe と並び、薄膜ソーラーセル分野で不可欠な素材となっています。
 
CIGS 薄膜は、いくつかの異なる方法で製造可能です。 最も一般的な真空工程では、銅とガリウム、インジウムを一緒に蒸発させるかまたはスパッタし、それにより生じた薄膜をセレン化物気相で冷却すると、最終的な CIGS 構造が形成されます。 別の真空法では、銅とガリウム、インジウム、セレンを一緒に、熱した基質上に直接蒸発させます。 真空を利用しない別の工程では、基質上で先行素材のナノ分子を凝結させてからその場で焼結します。 最近では、電気メッキが CIGS の低コストの代替法として登場しています。
 
PRM の高純度ソーラーグレードセレンは、全世界の多くの CIGS ソーラーパネルメーカーの適性規準となっています。 当社の素材は、CIGS 技術のあらゆる側面で使用されています。 

 

   
 
           
II-VI Incorporated Logo
Link to II-VI corporate website
 
法律 | Site Map | Webmaster
 
© 2014 Pacific Rare Specialty Metals & Chemicals Inc